下層ヘッダーイメージ

『咲色』とは?What's EMI・IRO

大切な人の笑顔をいつまでも輝かせたい

咲色シリーズは『大切な人の素の笑顔をいつまでも輝かせたい』をコンセプトに誕生しました。
咲色は、その商品を手にする事で、笑顔になれるモノを提案します。
美容液が持つ、人を綺麗にする力を最大限発揮し、見た目の綺麗さ、心を満たされる充実感から、それぞれが持つ、パーソナルな笑顔を引き立たせます。現在日常の忙しさから忘れがちなスキンケアを日常化する事で本来、『人が持つ素の笑顔をより輝くよう』この商品を利用することで日常に感じるストレスから手軽に素敵な笑顔を作る手助けをします。
皆様の大切な人は誰ですか?皆様は誰のためにキレイでいたいと願いますか?
年齢を忘れさせるスキンケアでなく、年齢を受け入れ『今もその先も輝く笑顔』を見せることができたら自然とより幸せになれます。
笑顔は最高の栄養であり、周りに幸せを分け与えます。咲色は素敵な笑顔を持つ全ての人に使って頂き、いつまでも幸せ溢れる笑顔を守りたい。
咲色シリーズは、
エミイロブルームハイドレーションセラムBS(美容液)
エミイロブルームマットミルクBS(乳液)
エミイロブルームモイストミルクBS(乳液)
全ての商品でレチノールに代わる新成分として話題の『バクチオール』を使用しております。
これまでシワやたるみに最も有効的とされていたレチノールですが「肌への刺激が強い」「熱や光に弱いため紫外線と相性が悪い」など使用シーンを選ぶ特徴があります。そして若い頃からのスキンケアというより、年齢肌へのアンチエイジングという認識が強いのも確かです。『バクチオール』を使用する事で肌への刺激が低く、さらに紫外線をはじめとした外部からの刺激にも安定的で朝使用した後、1日中効果を発揮する事が出来ます。咲色シリーズは低刺激のため敏感肌の方にも安全に使用できるよう、《24時間閉塞ヒトパッチテスト》でも最も安全とされる皮膚刺激指数0.0を獲得済みです。
併せて見た目の印象通り明るく笑顔弾ける姿が想像できる様にまるで花畑にいるよう』精油を用いる事で花満開を匂いで演出しております。
アンチエイジングを求める思想の概念を壊し、ナチュラルを念頭に年齢を受け止める明るい素肌を常に所有する。
これが弊社の定める『ハイブリッドウェルネスアプローチ』です。
咲色の効果を実感しスキンケア+気分の高揚を日常に花を添えるよう演出します。【より簡単に】【より安全に】【より効果的に】皆さまの日常生活にスキンケアの新習慣をプラスし、使用後皆様の輝く笑顔を満開にしてください。

咲色をわかりやすくアニメーションで解説。
是非チェックして下さい。

咲色に使用されるバクチオールとは?

バクチオール(bakuchiol)とはオランダビュ(マメ科の植物)から採れる植物性成分で、働き方や効果効能がレチノールに似ている。
これまでレチノールはエイジングケア効果が期待され化粧品に多く含み、数多くのブランドによりリリースされてきたが、刺激を強く与えることから人によっては肌負け等の副作用がある。またレチノールは紫外線に弱いことから日中に使用できない等取扱に注意が必要であった。これに対しバクチオールは、肌への刺激が低く敏感肌の人でも使用できるのがポイントとされる。他にも抗炎症・抗酸化・抗菌作用に期待でき、コラーゲンの生成を促すことができる。日中の使用や低刺激で取扱が容易なところを持ち、シワ・シミなどの改善にも有効とされるレチノールの代替品として今注目の新成分です。

バクチオールをわかりやすくアニメーションで解説。
是非チェックして下さい。

そのスキンケアお肌のためになっていますか?

本来スキンケアはなんのためにするのでしょうか?
ずばりその見た目を少しでもよく保ちたい。
これ以外に理由は必要でしょうか?
では本当に必要なスキンケアを皆様はできていますか?
『咲色』は中身のポテンシャルにこだわり、安全性に配慮し多くの人がご愛用いただけるようにと開発した高級スキンケア商品です。
肌に水分を与え、閉じ込める。余分な皮脂を無くすことで肌環境の改善を図る。
さらに『咲色』はその効果や効能に即効性をプラスしました。実感するまでのスピード感という演出をプラスしました。
肌環境が良くなりキレイを実感してきたあたりで、ご友人やご家族から最近キレイになったね。と言われたら嬉しくて継続します。
忙しい現代人。後回しにしがちなスキンケアを日常の中に習慣化できるようにと、使用していく喜びを感じながらいずれそれが当たり前の日常になりキレイを所有し笑顔を引き立たせます。

あなたのお肌は水分量で決まります

皆様はご自身の肌質をご存知ですか?
日本人の多くは乾燥肌・オイリー肌のいずれも持っている混合肌であると言われております。
これは季節によっても変わってくるはずです。スキンケアはまず自分の肌質を知り、理解することで本当に必要なものを手に取り適切な使用をすることができます。ですが、どんな肌環境の人もキレイを保つために必要なものは水分量です。日本では遡ること江戸時代より化粧水を愛用してきています。やはり肌に水分量を与え環境を整え化粧ノリをよくするために使用されてきました。
しかし『咲色』にはあえて化粧水がありません。
満足な水分量を肌に与え、全ての肌質の人が使用できる美容液を作りました。
浸透スピードを早め、肌に”入っていく”を実感できる美容液がその代替となります。 美容液の本来持つスペックと同時に十分な水分量を与える。当たり前ですがこれを満足に行うことこそスキンケアにおける肝になる部分です。キレイは十分な水分量と言っても過言ではないのです。

スキンケアにおける最も重要な水分には『超純水』のみを使用し、『クラスレートハイドレーション』と『リポソーム』により有効成分を効率良く肌内部に浸透させます。また、肌表面に脂質で蓋をすることで細胞間脂質と同じ構造を持つラメラ液晶によって【セカンドスキン】を形成し、角層水分量を満たします。

重要なお肌の水分量をわかりやすくアニメーションで解説。
是非チェックして下さい。

クラスレートハイドレーション

製造元の持つ専門技術である『クラスレートハイドレーション』は特殊な高分子と保湿剤の組み合わせでできた格子の中に、クラスター水と呼ばれる水分子を抱えた構造を持ちます。クラスター水は一つ一つの格子の中に閉じ込められており、塗布後も肌に留まり徐々にリリースされる為、より多くの水分を長時間肌に届けます。肌に塗布されることで肌に接する部分の格子が壊れ、中の水分が放出されます。幾重にも重なった格子が順に肌と接し水分が放出されて行くため空気中の蒸発が少なく抑えられ、その多くが肌に吸収されます。一般的なジェルは一回でバルクの水が放出され、その多くが肌に浸透する前に空気中に蒸散していきます。

ハイブリッドウェルネスアプローチ

女性・男性ともに実年齢よりも若く見られると嬉しいものです。これまでシワやしみによる老いを感じてからスキンケアを行う年齢肌用化粧品が多く開発されてきました。これまでの蓄積したダメージや悪環境を補修する商品でなく、『咲色』が目指すのは年齢を受け入れ、本来持っている修復力により健康的な肌環境を整え素顔を若々しくすることです。実年齢に逆らう事はできないと受け入れ年齢に負けぬ健康的な素顔を所有し、結果としてキレイや好印象を獲得し、心身ともにストレスフリーな環境を整えたい

「咲色」とは?

『咲色』に込める想い。
『咲』には花を咲かせる他、笑顔という意味があります。
『色』ですが、皆様ご存知の様に世の中にはたくさんの『色』が存在します。同じ赤でも細かな色彩の違いで見え方は全く異なるものです。このそれぞれ異なる色を皆様の表情として引用しています。
人にはそれぞれにしか持っていない素敵な表情があり、中でも笑顔は自身をはじめ周りにも幸せを分け与えることができます。それぞれが持つオンリーワンで替えの効かない素敵な笑顔を世の中にたくさん咲かせて欲しい。この想いから『咲色』シリーズを開発しました。

『咲色』シリーズは笑顔のコンセプトに負けぬ様にとそのデザインにもこだわりました。
外見に使用している黄色には二つ意味があります。一つ目は商品の成分に配合しているイエローカラー(キバナカイウエキス)の持つ黄色。これは美の象徴とされるクレオパトラが最も愛した花として知られており、宮殿には庭一面に咲かせておりました。女性の追い求める美の究極としてイメージしております。二つ目はコンセプトの笑顔。人が心からの笑顔を作った時に”クシャッと”笑う暖かさや、活発に元気よく生活する明るさなどを表現しました。このこだわりの二点により化粧品業界ではあまり採用されない色を敢えて採用しました。見た目に高級感なんて必要ありません。『咲色』追い求める究極の美とは、日常にありふれる暖かな笑顔です。なんだか気持ちが上がる、キレイを保ってずっと笑っていたい。
商品を見る度こんな気持ちになって欲しいと願いを込めて誕生しました。

咲色をわかりやすくアニメーションで解説。
是非チェックして下さい。

バクチオールをわかりやすくアニメーションで解説。
是非チェックして下さい。

重要なお肌の水分量をわかりやすくアニメーションで解説。
是非チェックして下さい。

SanZoo,Inc株式会社SanZoo

株式会社SanZooは、化粧品販売会社です。
主に、スキンケア商品の企画販売を行っています。
今後とも良い商品づくりを手掛けて参ります。